• 団体別採用力 スパイラルアップ事業」とは、東京都と公益財団法人東京しごと財団が連携し、各業界に精通している団体を通じて、中小企業の「働き方改革」と「女性の活躍推進」を図り人材確保を支援する事業です。このたび、一般社団法人東京都情報産業協会が中心となり、株式会社Warisおよびアデコ株式会社がコンソーシアムを組織し、情報サービス業界企業様を対象に本事業を展開いたしました。

       

      情報サービス業界において人材不足が深刻化する今、優秀な人材を確保し、定着を図るためには、「働き方改革」と「女性の活躍推進」は欠かせません。本事業ではこれらを実現するため、支援先企業様への個別コンサルティングをベースとしながら、雇用環境改善のための制度導入セミナー、労働環境改善のためのスキルアップ研修など、多様なメニューを実施しました。

    • 支援事業における問題意識・調査結果

      2018年度に東京都内の情報産業事業社を対象に、アンケート及びヒアリング調査によるを課題洗い出しを実施しました

      調査結果

      1.  IT業界における受託開発・客先常駐ではクライアントの働き方に依存せざるを得ない状況がある
      2. 人材の流動性が高く、長時間労働に偏っている状況がある。これにはプロジェクトをリードするマネジャー(PM)の裁量が働き方に大きく影響している
      3. 女性のライフイベントによる離職がそのまま退職につながってしまう状況が多くある

      調査から導き出された課題

      1. クライアントとの関係性を変化させるような業態変革
      2. PMのマネジメント(リーダーシップ)スキル向上による長時間労働の是正
      3. 女性が働きやすい環境の構築
    • 本事業での取り組み

      【支援全体の概要】

      企業ごとの課題感・方向性に合致した各施策を提供することで、本事業を効果的・効率的に運営いたしました。

      【実施した支援と実績】

      本事業では、全27社を対象に事業を実施。実績としては、概ね計画時を上回る企業にご参加いただくことができました。

      ①魅力発信コンサルティング

      実績:2回×15社

      ②フリーランス活用支援

      実績:8社(10名)

      ③プロジェクトマネージャーのための会社実務研修

      実績:12社(34名)​

      ④総合的なコンサルティング支援

      実績:11社

      ⑤女性のいる職場環境づくり研修

      実績:16社(7名) ※9社は個別

      ⑥業態変革に向けたビジネスモデル変革コンサルティング

      実績:3社

    • 企業取組の好事例①

      株式会社アスネット様

      (東京都情報産業協会 会員)

      事業内容:
      ・受託開発(サーバ、ソフトウェア、プロダクトテスティング)
      ・客先常駐開発(サーバ、ソフトウェア、プロダクトテスティング)
      ・他社サービス代理販売

      ■利用した支援策

      ①魅力発信コンサルティング
      ②フリーランス活用支援
      ⑥業態変革に向けたビジネスモデル変革コンサルティング

      ⇒様々なプロダクト・サービスを一連のサービスとしてコンセプトとしてまとめるブリッジプロジェクトを立ち上げ・推進

    • ■従前の課題

      • 派遣・常駐・受託などを中心にビジネスを展開してきた
      • 報酬を上げてより事業を拡大していくためにも新たなビジネスの種を作っていく必要がある
      • プロダクト開発プロジェクトを発足して推進し始めていた

      ■支援成果

      • 事業変革の必要性に対する認識を共有し、経営陣を含めた動機付けができた
      • 既存の事業のリソースの棚卸を行い、他社サービスなどの活用もしながら当初より検討されていた事業案をブリッジというコンセプトで具現化した

      ■成功要因​

      • 経営陣を含めた事業変革に対する動機付けができたこと
      • 事業コンセプトに合致するパートナー企業を選定・紹介し、具体的な案件(顧客)を獲得し、その中でコンセプトを具体化していったこと
    • 企業取組の好事例②

      株式会社ブレイクスルー・ネットワーク様

      (東京都情報産業協会 非会員)

      事業内容:

      ・受託開発(サーバ、ネットワーク、Webアプリケーション)
      ・客先常駐開発(サーバ、ネットワーク、Webアプリケーション)

      ■利用した支援策

      ①魅力発信コンサルティング
      ③プロジェクトマネージャーのための会社実務研修
      ④総合的なコンサルティング支援

      ⇒採用マーケットで活用価値のある自社資産(教育体制、働き方関連の先進的な取り組み等)の棚卸と、当該資産の活用方向性の議論

    • ■従前の課題

      • 常駐・受託などを中心にビジネスを展開してきた
      • 事業は順調に成長しているが、人員数がボトルネックとなっている
      • 売り手市場の中で一定の経験を持つ中途の採用が難しいため、経験が浅くても組織フィットする人を採用し社内で教育することを検討中であり、社員向けの教育制度を拡充している
      • 採用力強化に向け、採用に活用できそうな資産は多々あるものの、当該資産の棚卸と適切な発信をしていく必要がある

      ■支援成果

      • 自社にフィットする人材の採用に向け、下記のアクションが進行中
        - 既存の取組について、HPへ掲載しマーケットへアピール
        - 採用・ビジネスの基盤強化のための組織文化設計(組織文化や、組織目標、個人の仕事に対する価値感をベースに、個人の業務目標を設定する など)

      ■成功要因​

      • 既存の自社資産を棚卸することと同時に、経営者の採用や人材、働き方に対する考え方を丁寧にヒアリング・整理したことで、今後の自走化に向けた課題の精査ができたこと